澤本指圧鍼灸院のブログ

高知県長岡郡本山町にある澤本指圧鍼灸院のブログです。

実名インターネット時代とホット・リーディング(再掲)

※この記事は、Tumblrで私が書いていた澤本洋介のblog(2012/4/17)の記事に加筆修正し転載したものです。こんにちは。

今日は実名インターネット時代とホット・リーディングについて書いてみます。
ホット・リーディングとは、昔から占い師などが用いる会話法の1つです。

簡単に言えば、密かに相手の情報を事前に調べておき、言い当てたかのように話すことで、相手の信頼を得る方法です。

 

ホット・リーディングと共に使われる手法にコールド・リーディングというものもあります。
こちらは、誰にでもあてはまる質問などの反応から相手の情報をさぐり、言い当てたかのよう 話すことで、相手の信頼を得る方法です。 
この手法はスピリチュアル業界だけでなく、世間の様々な所で使われているだろうと思います。 

お笑いコンビ「おぎやはぎ」さんのラジオ番組でのトークに分かりやすい例があったので引用します。

おぎやはぎ・矢作「木村藤子の霊視に対する疑問」

矢作「そうだね。たとえば杉本彩さんが、『相談があるんですよね?』っていわれると、その相談内容を話し始めるワケ」

小木「うん」

矢作「すると、『もう止めて。そんなに喋らないで。言いますから』って言うの。あんまり情報を与えないで、って言うの」

小木「うん(笑)」

矢作「そしたら、しばらくまた見てて、杉本さんの内面にある性格を言い出すワケ」

小木「うん」

矢作「『あなたは、強そうなイメージがある。強うそうな感じで振る舞ってますけど、結構、寂しがり屋ですよね』って(笑)」

小木「出た!それ(笑)」

矢作「そのフレーズ聞いたときに、俺も食いついちゃうじゃない?(笑)『おう、なるほど。それを言う?』って」

小木「今の時代に、そんなことやってんだね(笑)」

矢作「その人を悪くは言いたくないけどね。本当に見えてるのかもわからないけど。…杉本彩さんってちゃんとした女性でしょ?しっかりした女性だけど、女性ってのは占いが好きなんだなぁって思ったのは、凄い信用するんだよね。『はい!はい!』って」

小木「えぇ~?」

矢作「それで、『実は心配性ですよね。ツッパって生きてますが、すごく心配性ですよね』って(笑)」

小木「まぁまぁ(笑)」

矢作「俺の心の声では、『たいていそうだろ、人ってのは』って思って聞いてるんだけど、杉本さんは『凄い』って聞いてるワケ」

小木「うん(笑)」

矢作「その後なんだよ。俺が気になるのは。『もう一回透視します』って言って、また10秒くらい見てるワケ。杉本さんを。『なにかしらね…凄い動物が見えるのよね。動物があなたの周りに凄いいるのよね』って言うの」

小木「うん」

矢作「そうすると、杉本さんが『はいはいはい…私、色んな動物、特に猫の里親になってるんです』って言うの。それって、凄い有名な話でしょ?」

小木「そうだね」

矢作「テレビでも出てるし、それこそ、wikipediaで調べれば分かることだよ。それをさ、言ったときに俺、驚いちゃって(笑)」

小木「へっへっへ(笑)たしかにね」

引用ここまで。

矢作さんは「本当に見えてるのかもわからないけど。」とおっしゃっています。
私も木村藤子氏の「霊視」について、その真偽はわかりません。ここでは、それが仮にリーディング手法であったとしたならば、典型的なものであるため、説明のために引用しています。

「実は心配性ですよね。ツッパって生きてますが、すごく心配性ですよね」
「あなたは、強そうなイメージがある。強うそうな感じで振る舞ってますけど、結構、寂しがり屋ですよね」

このように、多くの人に当てはまる質問から反応を見る方法は、コールド・リーディングの典型です。 
例え外れても、いくらでも次に繋ぎようのある質問を使うことが多いです。 

「凄い動物が見えるのよね。動物があなたの周りに凄いいるのよね」

このセリフは、それが仮にWikipediaなどから事前に入手した情報を言い当てたかのよう見せているのだとしたら、それはホット・リーディングの手法です。

コールド・リーディングについては、古くからある話術の1つとして、社会的に容認されている部分もあるのか(私は良い方法とは思いませんが)、それを解説したセールスマン向けのビジネス書なども多く出版されています。

例えば、一部のマッサージ業界でもそれは応用されています。
マッサージ学校では肩こりを訴える方への必須確認事項として「頭痛や吐き気は無いか?」を施術前に聞くように教わります。
私がマッサージ学校を卒業後に勤め始めたマッサージ院では、その質問は施術前ではなく、身体に触れてから行うようにと、指導を受けました。
施術前の聞けば単なる質問ですが、肩を一度触った後に聞くことで、もしその方に頭痛があれば、「触っただけで分かるなんてスゴい!」と思っていただけるかもしれないとのことでした。
何だか嫌だなあと思いながらもマニュアルとしてそうしていましたが、これも一種のコールド・リーディングと言えます。
澤本指圧鍼灸院では、確認漏れが起きないように、確認したい事柄は施術前にまとめてお聞きするようにしています。

コールド・リーディングは今でも様々な所で使われているだろうと思いますが、私が実名インターネット時代に特に注意が必要と考えているのは、ホット・リーディングの広がりです。

引用した例は杉本彩さんという有名人のケースでしたが、 実名インターネット時代では、一般人へのホット・リーディングが以前に比べ遥かに容易になっていると考えられます。
Facebookやtwitterなどソーシャルメディアの流行により、ネット上には一般個人の情報が大量に蓄積されつづけています。
例えインターネットを使っていない人だとしても、職場や家族や友人などから、窺い知ることのできる情報は日々増え続けています。

兄弟の有無。ペットの有無。過去の怪我や病気。おおよその出身地など。
ホット・リーディングはコールド・リーディングへの布石として使われますので、どんな些細なことであっても有用な情報ととなります。
例えば、友人関係からおおよその出身地を割り出して、そこが海岸の近くであったとしたならば、「あなたからは海のイメージを強く感じます」くらいのことは簡単に言えます。
実家がわかれば、Google Mapを一目見るだけで、「ご実家の西のほうに、小さな神社がありませんか?」など、誰にでも言えます。 

コールド・リーディングは話術の1つと言えなくもありませんが(私は良い方法とは思いませんが)、ホット・リーディングについては完全に意図的なもので、フェアな会話とは言えないと私は考えます。

震災があり、原発事故があり、何を信じたら良いのかわからない不安な時代が来たと感じている方も多くおられるだろうと思います。

そんな時代には、その不安につけ込もうと考える人も多くいるでしょう。
おそらくは、そういった人達の中で、ソーシャルメディアを利用したホット・リーディングは広がりつつあるように私は感じています。 

4月は、初対面の出会いが多い季節でもあります。
学校でも仕事でもプライベートでも、代替医療に接した時でも、

「この人、私をわかってる」

と思わせるような方が現れた場合に、ホット・リーディングの可能性を疑うことは、身を守るために重要なことのように思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

マッサージの上手な利用法(再掲)

※この記事は、Tumblrで私が書いていた澤本洋介のblog(2012/2/20)の記事に加筆修正し転載したものです。

こんにちは。
今日は私の本業であるマッサージについて、その上手な利用法をご紹介します。
(この記事では、マッサージという用語を、日本のマッサージ屋で一般的に行われている「揉んで押して摩って筋肉のコリをほぐす」あん摩・マッサージ・指圧の複合スタイルを指しています。)

マッサージは治療としてではなく、体のお手入れとしてのご利用がおすすめです

例えば、いわゆる「ぎっくり腰」で動けなくなった状態に対し、マッサージは多くの場合、さすって痛みの感じ方を和らげるくらいしかできません。 
マッサージは、そうなる手前の段階で、軽い症状(腰がだるい、腿の後ろ側がつっぱる、背中が凝る、等々)や、疲れを感じるような時にご利用いただいたほうが効果的です。

 

動けないほどの痛みがある場合はまずは病院で診察を受け、安静にして、マッサージは無理して出向かずに出張サービスのご利用をオススメします。 

マッサージを上手に使う2つの条件

からだのお手入れとしてのマッサージに必要な条件は2つあります。1つは自分に合ったマッサージ師を「指名」すること。もう1つは、マッサージを必要なタイミングに利用できることです。
自分に合わない不満足なマッサージでは意味はありませんし、最高のマッサージでも一ヶ月前から予約が埋まっていたり、お値段が高かったり、遠方で行きづらければ、必要な時に利用することはできません。
利用しやすい価格で、予約が取りやすく、自分に合ったマッサージ師が、通いやすい地域に2人以上いること。これが理想のマッサージ環境です。

不満足なマッサージのパターン

不満足なマッサージの状況は大きく2つにわけられます。
1つはマッサージ中の不満足。(気持良くない、痛い、等々)
もう1つはマッサージ後の不満足。(効かなかった、つらくなった、等々)
パターンとしては、
「マッサージ中は気持良くなく、マッサージ後も効かなかった」
「マッサージ中は気持ち良かったが、マッサージ後につらくなった」 
という2つのケースがありがちです。

マッサージ中の不満足を避けるには、遠慮せずに注文を

マッサージ中の不満足を避けるためには、遠慮せずに注文をつけることを私はオススメいたします。
プロならば聞かずに察するべきとのご意見もありますが、 今のマッサージ屋では首への負担を減らすために、真っすぐ前を向いた状態でうつ伏せになれるベッドを使っている所が多く、お客様の表情からお気持ちを察することが難しいです。
「痛い・気分が悪い」「姿勢が苦しい」「寒い・暑い」などの苦痛は我慢してしまうと、症状の悪化や大きな事故に繋がりかねません。
「もっと軽めで」「もう少し右を」「そこを強くしっかりほぐして欲しい」というようなご要望も遠慮せずお伝えください。仮に、そのご要望がお体にとって良くない影響があるとマッサージ師が判断した場合には説明があるはずです。その説明の分かりやすさもマッサージ師の力量を測る重要なポイントとなります。注文をつけても不満足なマッサージしか受けられなかった場合には、マッサージ師の交代を求めましょう。

マッサージ後の不満足を避けるには、初回は軽めに、反応を伝えて調整を

マッサージ後の不満足を避けるためには、初回のマッサージでは、「気持ち良いけれど少し物足りない」くらいの刺激量に抑えて注文することを私はオススメいたします。
初めてのお客様の場合、マッサージ後に、どのような反応が起こるかを予測することはとても難しいです。お話を聞き、お体に触れ、ある程度推測することはできますが、私の場合、マッサージ師歴10年目の今も、それはとても難しいと感じています。
初回は軽めの刺激に抑え、翌日、翌々日のお体の反応を観察していただき、「変わらなかった」「スッキリとラクになった」「この辺がが痛くなった」「ダルくなったけれど良く眠れた」などの状態の変化を、同じマッサージ師を指名してお伝えください。(初回のマッサージ中に満足できなかったり、マッサージ後の反応があまりに辛い場合は、別のマッサージ師を指名してお伝えください。)
反応を教えていただくことで、マッサージ師は、刺激の量や施術方法を調整することができます。2回目の反応は、また3回目にお伝えいただくことで、さらに調整を重ねることができ、お客様のお体に合うマッサージに近づいていきます。

マッサージを上手に利用する方は、マッサージ師を自分仕様につくっている!?

「マッサージに行き慣れている人にオススメのマッサージ師を聞いて行ったけど、どうにも私には合わなかった。。。」

皆さんは、こんな経験はございませんか?

実は、マッサージを上手に利用する方は、マッサージ師を自分仕様につくっています。注文をつけ、反応を伝え、自分に合うマッサージに近づけていくのが本当にお上手です。
 
上に書いた「不満足なマッサージを避ける方法」は、本来、マッサージ師側からしっかりとコミュニケーションをとることができたなら不要なことばかりです。お客様の側に、それをお願いするなんてサービス業失格とお叱りをうけるかもしれません。
ですが、それがしっかりできるマッサージ師は、指名がいっぱいで簡単には予約をとれないことが多いだろうと思います。
マッサージ師探しにお悩みの方に、少しでもお役に立てればと思い、今回のブログ記事にいたしました。何卒ご理解いただければと思います。

マッサージの注意点

お体に合うマッサージの最大の注意点は、それが効き過ぎることです。
ハードな仕事が続きクタクタで、すぐに布団に入りたいような状態あっても、マッサージを受ければ「一杯飲みに行こうかな」というくらいにまで感覚は回復します。
でもそこはやはり、身体を休めるべきでしょう。
また、効果が大きいゆえに、深刻な病が発する症状を誤魔化してしまうリスクもあります。定期的な健診はもちろん、おかしいなと思ったときには、早めに病院を受診することが大切です。

本記事が、皆様の健康づくりのお役に立てれば幸いです。  
最後まで読んでいただきありがとうございました。

澤本指圧鍼灸院  澤本洋介